沖縄旅行に行くなら!青の洞窟に行こう

この記事は約5分で読めます。

沖縄旅行に行くなら青の洞窟に行こう!


皆さんは、沖縄旅行でどこへ行きたいですか。

沖縄旅行へ4回ほど行ったことがあ李ますが、今までで一番魅力的だったスポットを紹介します!

ぜひ、最後までご覧ください。

青の洞窟とは…

ここは沖縄で絶対に外せないスポットです。沖縄本島の真栄田岬というところにあります。

那覇空港から車で1時間弱の所にあります。

青の洞窟は洞窟に太陽の光が入ることでこのようになると言われています。見どころはやはりこの青々としたきれいな絶景でしょう。

沖縄でも一番おすすめのスポットですから、ミシュランでいうなら5つ星ですね。


ここへ行くには、シュノーケリングまたはダイビングで酸素ボンベを背負って泳いでいくか、岩場を30メートル弱泳いでいくかのどちらかになります。

あっ、もちろん泳げなくても大丈夫ですよ。

シュノーケリングの方は洞窟内までは、浮き輪に捕まりながら、かわいいお魚さんを見て行けますから。

ただ、ここに行くには、少し注意があって、それはいきなり弾丸で行こうっていうのはなしで、ツアーに申し込んで行った方がよいと思います。

というのも、この青の洞窟は人気の観光地で多くの人が訪れるのですが、この洞窟に一度に多くの人が入ってしまうと光が消え、この絶景が見られなくなってしまうんです。

私が行ったときはソードフィッシュさんというツアー会社さんに洞窟まで連れて行ってもらいました。

ここでは、シュノーケリングの知識がゼロの人でも安心で、洞窟に行く前に道具の使い方や泳ぎ方等を教えてもらえます。


また、水中での写真もグループごとにスタッフの方がついて撮影してくれます。

すごいおしゃれできれいな写真を撮っていただきました。私が大学の友達9人で行ったときは一人40円くらい出し合えば100枚ほどのデータをくれました。

そのときはiPhoneのAirDropを使ったからすぐに見れてよかったなあ。もちろんCD―ROMでもくれますよ。

ちなみに予算は、シュノーケリングなら3,000円、ダイビングのツアーなら10,000円くらいでできます。

ダイビングは高いと思われるかもしれませんが、実はダイビングの方がより絶景を見ることができますよ。

お魚さんたちも見るという感じより、一緒に泳ぐっていう感じです。

青の洞窟のツアーを利用する際の集合場所・持ち物・注意点


ここからはツアーへの行き方や持ち物、注意点についてです。料金は先程の通りです。

沖縄旅行のツアーのパックとかだとオプションで申し込める場合がありますのでそちらは確認を。

当日はラッシュガード等を着てその上から普段の服を着て集合場所に集まります。

ツアーをしてくださる会社に直接行くのではなく、近くの沖縄土産がある琉球村というところに集合します。

そこで、ツアーのバスに乗り、揺られること5-10分ほどでツアー会社に到着。

琉球村には無料で止められる駐車場があるため、レンタカーはそこへ止められます。

ちなみに琉球村にはお土産さんの他に食べ物も売っているので、集合時間に早く到着しすぎた場合には利用してはいかがでしょうか。

琉球村へのアクセスは那覇空港から国道58号線を北へ30キロのところにあります。

道路標識に名前が入っているのを複数見かけたので迷うことなく行けます。

ちなみに那覇から沖縄バス・琉球バスがあり、それでも来れます。バス停は「琉球村」です。

琉球村でツアーバスを待ちましょう。

バスが来たら、それに乗り、会社についたら、受付をし、当日の体調に関する用紙(元気か、既往歴、服用中の薬などを記入)と同意書等を記入します。

それが終わった、ウエットスーツを着て、青の洞窟がある岩場まで車で移動します。

そして、スタッフさんの指示に従ってツアーへ。


終わったあとは、また会社に戻り、ウエットスーツ等を返却し、シャワーを浴びます。

シャワーを大柄の男の人が一人(女性なら親子2人程度)が入れるスペースが男女合わせて10個以上あるため待たずに入れますし、お友達同士で行っても人に見られることもありません。

ドライヤーと化粧をするスペースも設けられています。

トイレは会社内に男女それぞれ1つでした。ちょっと少なくて混んでましたね。

持ち物は、濡れてもいい服と着替え、タオル、女の人は化粧品等でしょう。

私が一緒の時間帯に申し込んでいたツアー客の中には、カップル、家族連れ、一人の高齢の方がいました。

60代くらいだったと思いますが、健康状態に問題がなければ参加できるそうです。

なので、小学生くらいから上は60代くらいまでの年代の方が参加できます。

デートでも家族でもお友達とでもどなたでも参加したら楽しいと感じますよ。ツアーは約3時間ほど。

ツアー終了後、また琉球村にバスで戻ってきて解散です。

注意点ですが、泳げなくても参加はできますが健康状態に問題があるかたはお医者さんと事前に相談を。

これはシュノーケリングツアーに限りますが、当日は風が強いと青の洞窟へ行けなくなってしまうこともあります。

波が荒くなり、シュノーケリングで呼吸をする所に水が入ってしまっては絶景どころじゃなくなってしまいますからね。

あとは、前日は早く寝ること。当日、泳ぎながら波に酔ってしまう人がいます。(実際行ったときそうなりました。)

飲酒は控えめに、夜更かしはほどほどに、心配であれば酔い止め等を飲むことをおすすめします。

まとめ

ここまでお伝えした内容を簡単にまとめたいと思います。

1. 青の洞窟はツアーで行くべき!特におすすめなのはダイビングツアーです。

2. 青々としたきれいな海、映画のニモのようなお魚さんたちが見られます。

3. 集合場所は琉球村で無料駐車場があります。

4. ツアーへの持ち物は、濡れてもいい服と着替え、タオル

5. 最後に前日は早めに寝て、絶景に備えましょう!

どうですか?これを読んで青の洞窟に行きたくなった方がいましたら、下にツアーのURLと琉球村のURLを貼っておくので見てみてください。

ソードフィッシュURL:
https://www.sword-fish1.com/menu/bule_cave/

琉球村URL:
https://www.ryukyumura.co.jp/

 

車で行ける恋の島?!沖縄県古宇利島(こうりじま)
沖縄本島から車で渡れる恋の島、古宇利島。エメラルドグリーンに囲まれたその島はロマンチックに包まれています。この島では時間も緩やかに進んでいるかの様です。自然の中でを恋人過ごしたいですね。
冬でも沖縄が楽しめる!~琉球ガラス村~
沖縄観光といえば夏の海をイメージする方が多いと思います。でも冬場でも気温が10度を下回らない沖縄ですので、各地の観光スポットを巡るには良い季節なんです。そして糸満を観光するなら琉球ガラス村を訪れてみてはいかがでしょうか。
沖縄でオススメのハンバーガー店3選
沖縄には、ゴーヤチャンプル、沖縄そば、アグー豚など有名な食べ物が目白押しですよね。でも実はハンバーガー店も激戦区なんですよ。おすすめハンバーガーショップをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました