カップルで行く!東京ディズニーシーリゾート!

この記事は約4分で読めます。

東京ディズニーシーリゾートはデート定番スポット


「おすすめのデートスポットはどこ?」
「遊園地は好きだけど、絶叫系に乗れない…」
「はしゃぎたいけど、ロマンチックにもすごしたい」

そんな方必見!!!

今回私がオススメするデートスポットは、
東京ディズニーリゾートです!!!

「ディズニーは混んでいるから疲れそう…」

そう思って悩んでいる方…
そんな心配ありません!

実は私も最初そう思っていたのですが、
5年前、彼に初めてのデートで連れていってもらって以来、今では毎月行くほど大好きな場所になっているんです!笑

私が5年間、月1で通い続けているディズニーリゾートの魅力、教えちゃいます(´˘`*)

ディズニーの魅力・オススメポイント


ディズニーリゾートの1番の魅力は、サービスと夢を感じさせてくれるところです。

パークの雰囲気はもちろん、キャストさん、キャラクター、一人一人が私たちをゲストとして夢の世界へと導いてくれるのです(´˘`*)

ディズニーはおもてなし精神がすごく、行くたびに毎回夢を与えてもらえるので、そこも私が何度も来てしまう理由でもあるのです!

そのあまりの楽しさと非現実的な世界が、沢山の笑顔につながり、その空間で大切な人と一緒に過ごせていることが、より一層幸せに感じます(*^^*)

そんなディズニーリゾートですが今回は、カップルにおすすめのデートスポット!というテーマなので、2つパークがある中でも、ディズニーシーの方をお話していきたいと思います!

ディズニーシー良い点は、

・パーク全体が海外のような雰囲気
・夜景が綺麗でロマンチック
・パークにいながらお酒が飲める
・レストランからショーが見られる

※事前予約が必要なので、これを見ている彼氏さんは、ぜひ予約して下さいね(●︎´▽︎`●︎)笑!

もちろんほかにも沢山ありますが、代表的にこの4つかなと思います!

ディズニーシーは、雰囲気や夜景が綺麗ですので、どちらかといえば大人のデートという感じでプランを立てるのがオススメですよ(´˘`*)

ディズニーシーの設備や交通手段は?

次に気になる設備や交通手段などです。

・トイレ

あちこちに設置されていますので安心です!
混んでいても数十メートル歩けばまたありますので、トイレに困ることはありません。

・交通手段

ディズニーへのアクセスはとても便利です!
舞浜駅というディズニー直結の駅もありますし、バスもあちこちからでています!
近隣のパートナーホテルやオフィシャルホテルからは無料のシャトルバスもでていますので、宿泊される方はそちらを利用するといいでしょう!

・駐車場

こちらは有料となっております。
駐車場はとても広いので、早く来ないと停められない!ということもありませんのでご安心ください(´˘`*)

ディズニーシーでの楽しみ方BEST3


先ほど紹介したおすすめポイントも踏まえて、私がオススメする、ディズニーデートの楽しみ方BEST3の発表です!

3位 アトラクションにたくさん乗る

ディズニーでは、長時間並ぶことを避けるために、ファストパス制度を設けています。
これを有効活用することによって、並ばずに数多くの乗り物に乗ることができます!
乗り物メインで楽しみたい方は、特に必須ですね!

2位 水上ショー・花火を見る

水上ショーがあるのはシーだけなので、ここもまた外せないポイントのひとつです!
メインのメデテレニアンハーバーで繰り広げられるきらびやかなショーは、迫力もあって圧倒されますし、ショーが終わると5分程の花火も上がりますので、そちらも必見です。

1位 お酒を飲みながら雰囲気を楽しむ

これはディズニーシーでしかできない楽しみ方なので私も毎回やっていますし、堂々の1位です!笑
海外のような雰囲気のなか、恋人と飲むお酒は、とってもおいしくて会話も弾みますよ!
カクテルなどもあるので、普段はあまりお酒を飲まない!っていうカップルも楽しめると思います。

いかがでしたでしょうか?

人混みが苦手な私ですが、今では一番好きなデートスポットがディズニーになりましたから、やはり夢の国の素晴らしさはピカイチですね!

とは言え大型連休などは大変混雑しますので、できれば春か秋の平日に行くことをオススメします!

イベントもたくさんありますし、なにより夢の国でしかできない、キャラクターのカチューシャなどお揃いでつけてみると楽しさがましますよ(´˘`*)

みなさんこれを参考に、大切な人と素敵な時間を過ごしてくださいね!

【東京ディズニーシー】並ばずにショーを見る裏技!
東京デズニーシーに行こう!と思っても見たいイベント、アトラクションは長蛇の列で、長時間並ぶ覚悟が必要です。でも並ばずに見れるショーがあるんです。その裏技をご紹介。
タイトルとURLをコピーしました