北海道内随一の観光都市!函館五稜郭を訪れてみた

この記事は約4分で読めます。

函館市の五稜郭観光

函館といえば、今や道内随一の観光都市で、国内のみならず、海外からの観光客もたくさん訪れて来ます。

夜の函館山から見る絶景や、新鮮な魚介類など、とても数日の旅行では全て見られないほど観光名所で溢れています。

私は家族で観光巡りをしたいということで函館旅行をしてきたのですが、今回はその中でも「五稜郭」について紹介していきます。

五稜郭の歴史を学ぶ

五稜郭とは、江戸時代末期に幕府により建てられた洋風な星型の城郭です。

旧幕府軍と新政府軍が戦った戊辰戦争の最後の戦いの場であり、この戦いで榎本武揚が降伏し、旧幕府軍と新政府軍の戦いに決着がついたという、歴史のある場所です。

そして、あの独特な星形になっている理由ですが、死角になっているところを減らして攻撃や守りをしやすいようにするためだそうです。

そんな五稜郭ですが、とにかく広い。

入口から歩いて中央の箱館奉行所まで行くのに10分ほどかかります。交通の便は、函館駅からバスで15分ほどで着きます。

五稜郭の敷地内は見るところがたくさんあるのですが、道に迷う心配はあまりしなくても大丈夫です。トイレについても多機能トイレがあるので心配はいらないでしょう。

五稜郭に行ってよかったこと

箱館奉行所で当時の雰囲気を味わおうと、箱館奉行所に行きました。

料金が別途500円かかりますが、せっかく五稜郭に来たのであればお金を払ってでも行きたいところです。

この箱館奉行所は、建設された当時のように復元されていて、爽やかな木の香りが漂う72畳も有る、とても広い部屋になっています。

当時の雰囲気を味わえるほか、ガイドさんが丁寧にいろんなことを説明してくれるので歴史の勉強にもなりました。

五稜郭タワーに登ってみた!

五稜郭一番の見どころといえば、やはり中心にそびえ立つ「五稜郭タワー」ではないでしょうか。

料金は大人900円、高校生680円、中学生680円、小学生450円、小学生未満無料となっています。タワーに登ってみると…

アレ?意外と低い…

なんて思いましたが、五稜郭のみならず函館市街も一望することができました。

五稜郭は自然豊かで、特に春になると桜が満開になり、とてもきれいな景色をみることができます。

冬になると雪景色がまたいいそうなので、季節によって景色の楽しみ方も変わってきそうですね。

またこの五稜郭タワーでは、歴史を学ぶことができます。

しかも、当時の様子や人物について、漫画やジオラマを使って説明しているのでとてもわかりやすく、見ているだけでも楽しむことができます。

箱館奉行所とはまた違う感じで勉強することができました。

下の階に降りると、美味しいジェラートやお土産が売っているお店があります。

私はここで、むらさきいも味のジェラートを食べたのですが、とても甘くて美味しかったですよ。お土産には五稜郭最中を購入しました。

公園内を散策してみよう

五稜郭公園は、春になると桜が満開になることで有名ですよね。

私はちょうどその時期に行ったのですが、本当に綺麗でその壮大さに圧倒されました。

花見を目的として来ている人も多く、バーベキューなどで盛り上がっていました。

平日などは地元の人がジョギングや散歩に来ている人が多いみたいです。

観光目的で巡るのもいいですが、のんびりぶらぶらしながら自然の中を見回るのもいいですね。

持っていいたほうがいいグッズ

五稜郭を見回る上では、特に不便に感じることはありませんでした。

五稜郭は見るところがたくさんあるので、カメラを一台は持っていった方がいいでしょう。

気になる予算は?

先ほども書きましたが、五稜郭タワーでは大人一人900円、箱館奉行所は500円かかるので、他にお土産の購入などを考えているのであれば一人あたり3000~4000円あれば足りるのではと思います。

まとめ

今回の五稜郭ですが、私の期待以上に楽しむことができました。小さなお子さんがいる家族でも、公園内の散策は十分に楽しめると思います。

箱館奉行所や五稜郭タワーには、歴史好きの方にはぜひ訪れてほしいところです。

どの時期に行っても楽しめると思いますが、やはり桜が満開になる春に行くことがおすすめです。

今回の旅行ですが、個人的な評価は5段階中5。本当に楽しませてもらいました。

みなさんも、函館に行ったらぜひ五稜郭を訪れてみてください。

 

おたる水族館の海獣ショーは迫力満点!
おたる水族館は、ファミリーでも、カップルでも、大人連れでも楽しめます。中でもトドやイルカの海獣ショーは間近で鑑賞でき迫力満点。季節に応じたイベントも開催されていますので、チェックしてみて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました