沖縄県座間味島で非日常体験!ウミガメに会いに行こう

この記事は約4分で読めます。

ウミガメと泳ごう!~座間味島の旅~

沖縄の離島の1つである座間味島。慶良間諸島の1つでウミガメに会えると人気の離島です。

本島からのアクセスも良く足を運びやすいので、オススメのスポットや楽しみ方をご紹介します。

アクセス

国際通りにある“とまりん”という港から高速船で1時間・フェリーで2時間ほど乗ったところにあります。

事前に予約をして、当日チケットを購入します。

時期にもよりますが基本的には1日1~2便ずつなので、時間に余裕を持って港へ行きましょう。

また、チケット購入場所から高速船乗り場までも少し歩くので、30分前くらいを目安に港に到着できると良いかと思います。

島でめいっぱい遊べるように、帰りのチケットも同時に購入しておくことをオススメします。

●高速船往復運賃:大人¥5,970/子供¥2,990
●フェリー運賃:大人¥4,030/子供¥2,020

ウミガメとの遭遇!

座間味島といったらウミガメです。

メインのビーチが“古座間味ビーチ”と“阿真ビーチ”の2種類ありますが、ウミガメ遭遇率が高いのは“阿真ビーチ”の方。

1日に1度の満潮時が最も遭遇できる可能性が高くなります。

泳げる範囲が限られているので、その中で探す必要がありますが、絶対に絶対に会いたい!という方は、

別途ツアーに申し込みをして遭遇率の上がるところまでボートで連れて行ってもらってシュノーケリングやダイビングで探してみると良いでしょう。

万が一泳げない人もウミガメに会えるチャンスはあります。

ウミガメは息継ぎをするために水面に顔を出すんです。浜辺からよーく探すとたまに顔を出すウミガメがいるので、それを見逃さないで!

展望台からの景色を楽しむ

島内にはいくつかの展望台があります。

日の出や日の入りの時間と方角に合わせて、目当ての展望台に登ると座間味島でしか見られない景色が待っています。

島内の道は近くであれば散歩が楽しいですが、傾斜が多いので1周巡るには車がオススメです。

ドライブしながら気になるところは降りて歩いて散策…といった感じが1番効率的です。たくさんの自然があなたを導いてくれますよ。

バーを楽しむ

旅の夜はバーでゆっくりお酒はいかがですか?
オススメは”café & bar 303”です。

おしゃれな店内とおしゃれな音楽の中でおいしいお酒を飲みながら島旅に浸りましょう。

若くてフランクな店主さんが迎え入れてくれますよ。ちょっと酔ったなと思ったら外で休憩。

少し歩いて明かりのない場所で上を見上げると満天の星空が広がります。遊び疲れていたら休むのが1番ですが、ちょっと大人な時間を過ごすのも楽しみの一つです。

ホテル選びも旅の楽しみ

今回私がお世話になったのは”ケラマビーチホテル”。フェリー乗り場からホテルまでの送迎バスがでており、座間味島に到着したらすぐにホテルまで送ってくれます。

また、話をしたら予約なしでもレンタカーを貸して下さり(予約はしておいた方がホテルの方は楽だと思います)本当にお世話になりっぱなしでした。

入り口には満潮・干潮の時刻と日の出・日の入り時間が書いてあり、大事な時間を逃すことなく観光ができます。

シュノーケルセット等のレンタルや、今回は利用しておりませんがツアーもやっているみたいです。

食事もおいしく、オーナーさんや従業員さんも皆さん良い方ばかりで最高の思い出ができました。

座間味島にはたくさんのホテルや民宿があるので、好みの場所を予約して宿泊するのがおススメですが、初めて座間味島に行く方やご家族で行く方はサービスも良く安心して宿泊できるので”ケラマビーチホテル”おススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。座間味島は沖縄本島からのアクセスも良く、自然のウミガメに会えるとてもステキな島です。

めまぐるしい日々に疲れたら、ぜひ座間味島の自然を感じに来てください。海や緑、太陽、星空と、優しい人々があなたを待っていますよ。

 

沖縄旅行に行くなら!青の洞窟に行こう
沖縄で外せないスポットのひとつに青の洞窟があります。那覇空港から約1時間の真栄田岬にあります。シュノーケリングまたはダイビングで酸素ボンベを背負って泳いで渡るこのスポットは神秘の世界で魅せてくれることでしょう。
車で行ける恋の島?!沖縄県古宇利島
沖縄本島から車で渡れる恋の島、古宇利島。エメラルドグリーンに囲まれたその島はロマンチックに包まれています。この島では時間も緩やかに進んでいるかの様です。自然の中でを恋人過ごしたいですね。
冬でも沖縄が楽しめる!~琉球ガラス村~
沖縄観光といえば夏の海をイメージする方が多いと思います。でも冬場でも気温が10度を下回らない沖縄ですので、各地の観光スポットを巡るには良い季節なんです。そして糸満を観光するなら琉球ガラス村を訪れてみてはいかがでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました