初めての韓国旅行記~弘大(ホンデ)編~

この記事は約4分で読めます。

韓国の弘大(ホンデ)体験記


この旅行記では、私が韓国の弘大(ホンデ)に行ったときの、体験や感じたことを書いていこうと思います。

弘大は、The若者の街です。

静かな時がないほどに賑やかな街でもあります。そんな弘大の①食事(カフェ)、②ファッションスポット、③街の雰囲気を紹介できればと思います。

若者受け必至!弘大のカフェ!

弘大での食事はおいしいところはもちろんありますが、それよりも目立つのがおしゃれなカフェです。

私は韓国滞在中に、弘大のゲストハウスに滞在していました。なので、朝食は弘大の近くのカフェなどでとっていました。

これは私の個人的意見ですが、人気のネット記事で掲載されているようなところはいつでも人が多く、ゆっくり落ち着いて朝食がとることが不可能だと思い、地元の人がまあまあ入いっているカフェで朝食をとっていました。

カフェ自体はすごくおしゃれででてくるコーヒーはコップからおしゃれで飲むことをためらってしまうレベルです。
(私はちょっとおしゃれのセンスがあまりないので、おしゃれのレベルはあまり期待しないでくださいね。)

店はオープンな雰囲気の店が多かったです。

中から外を見るのがちょっとたのしくも思えました。弘大発祥のカフェ以外にも、日本にもある「スターバックスコーヒー」などはありました。今話題のインスタ映えもきっと弘大のカフェならどこでもできると思います。

おしゃれさん向け!弘大のファッションスポット!

弘大は若者向けというだけあってファッションの面においても、非常におしゃれなお店が多々点在しています。

私が実際に通った通りが「駐車場通り」と言われている通りです。

お店があまりにも女性向けすぎて中まで入っていませんが、女性の方ならウインドウショッピングでも充分楽しめると思います。

また後で主に触れますが、弘大は夜遅くまで空いているお店が多いので、ナイトショッピングも楽しめます。

日本でファッション通りのナイトショッピングってあんまりないですよね。なので、服を買う以外にもそういった雰囲気を味わいに行くのにもおすすめです。

そして、ファッション通りを歩いてみて感じたのは、ぜんぜん日本じゃ見ないお店ばっかりだと感じました。

韓国なので当たり前なのですが、明洞と違って日本でも支店があるような店があまりないということです。

気になって調べてみたところ、韓国のオンラインショップや通販が発祥の店が多いようです。

韓国発祥のブランドをぜひ見たい、買いたいと思った方は、ぜひ弘大のファッション通りに行ってみてはいかがでしょうか。

若者の街、弘大の雰囲気!

今までは弘大のカフェとファッション関係について紹介してきましたが、ここからは弘大全体の雰囲気について紹介していきたいと思います。

まず、見出しにも書いていますが、弘大は若者の街です。

その理由は、街全体のテンションが高いのと、非常に交通の便がいいからです。

街全体のテンションが高いというのは、いつもどこかしらで路上パフォーマンスが行われていて、にぎやかです。

毎日お祭り状態です。お店もそれに合わせてか、夜遅くまで開いている店が多いです。

服屋が12時近くまで開いているのはすごく面白いですよね。これらのことから街全体のテンションが高いことがわかりますね。

ほんとに遅くまで騒いでいるので、もしここに住むのなら夜寝るのを半分諦めながら過ごさないといけないかもですね。

そして交通の便が非常にいいというのは、韓国が誇るアジア最大級の空港である「仁川(インチョン)空港」から直接出ている空港鉄道という地下鉄線があって、その電車が弘大に止まります。

つまり、空港から乗り換えなしで直接向かうことができます。

このことは、韓国に旅行に来た学生などにとっては非常にうれしいことですよね。そのまま弘大で遊んでいくことも可能なのです。

若い人たちが非常に集まりやすいですよね。以上が、弘大が若者の街と言われる理由となります。飲食店も遅くまで開いているお店が多いので、お腹も満たせますね。

まとめ

ここまで弘大のことについて3つの構成で紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

韓国に旅行にいく学生さん特に女性の学生さんにとって、弘大はいいことづくめですね。

カフェにファッションにアクセスも非常に便利。

この三拍子が弘大を若者の街と名付けていると思います。ぜひこの記事を参考にして弘大に行ってみてはいかがでしょうか?

初めての韓国旅行記 ~明洞編(ミョンドン)~
韓国への旅行の楽しみ方はいろいろですね。中でも明洞は活気あふれる若者の街で、食べ歩き、ショッピングに最適な街だと思います。ブランド品の免税店も多くお得感が満載ですよ。
初めての韓国旅行記~南大門編~
韓国ソウルでのお買い物、ちょっと下町っぽい南大門とブランドショップの立ち並ぶ東大門があります。予算や目的に合わせて、2大市場へショッピングに出かけてみてはいかがでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました