全国屈指のパワースポット大神神社を訪れてみた

この記事は約4分で読めます。

全国屈指のパワースポット大神神社


奈良県桜井市にある三輪明神 大神神社の紹介です。

一説には全国最古の神社ともされており、神社の背後にあるご神体三輪山を拝殿越しに参拝するという古代の日本の信仰の形を残している場所です。

奈良県には、春日大社をはじめ歴史ある有名な神社が多くありますが、そんな奈良にあって大神神社は大和国一之宮です。

古きを訪ねて

<画像:大神神社>

近年のパワースポットブームもあり、大神神社周辺には占いのお店やパワーストーンのショップが増えています。

最近は若い女子の姿が目立ちますが、大神神社へ参拝するとすがすがしい気持ちになれるので、あらゆる年代の方に向いていると思います。
ペットも特に禁止されていません。

電車ならJR三輪駅から徒歩約5分です。

車なら20台収容で参道まで徒歩1分の二の鳥居駐車場、
150台収容で徒歩10分の一の鳥居駐車場、
100台収容で約15分の大鳥居北駐車場、
50台収容で約15分の大鳥居南駐車場があります。

一番近い二の鳥居駐車場から上には駐車場がなく、土日などは渋滞するので、手前の駐車場に停めて歩くほうが早いこともよくあります。

すべての駐車場は無料です。

大鳥居南駐車場、二の鳥居駐車場、境内の参拝者休憩所にトイレがあります。


車なら大鳥居を自然にくぐることになるのですが、JR三輪駅から徒歩で大神神社へ向かう際は、是非参道を少しだけ逆に歩いて大鳥居を眺めることをおすすめします。

高さ30メートルを超す鳥居は圧倒的迫力です。鳥居の真下へ行くこともできます。

毎月1日と15日にはお祭があり、特に1日の月次祭は駐車場も含めて大変混雑します。

土日も参拝者が多いですが、午後を過ぎてくると次第にすいてきます。

夕方にはゆったりとした雰囲気になり、主に地元の参拝者がのんびりとやってくる感じへと変わります。

その時間帯には、参道に並ぶ石灯籠に明かりが灯され、幻想的な世界になります。

全域に渡って神聖なエリアで、目を引くような派手なものは少ないのですが、拝殿の左にある参集殿の入り口には、可愛らしいなでウサギさんがこちらを向いてほほ笑んでいます。

このウサギを撫でると運気がアップすると言われており、一緒に写真を撮ることもできます。こちらは人が少なくなってくる夕方が断然おすすめです。

大神神社の神の使いは蛇で、境内にある大きな杉のご神木の根元には白蛇が住んでいるそうです。

ちなみに私はまだ見たことありません。

その神の使いの蛇の大好物である卵を持って行って、大杉のところにお供えするとご利益があるとのことで、たくさんの卵が置かれています。

是非卵をお忘れなく。

さまざまな伝統を感じる

<画像:大神神社>

日本の酒造りは、大神神社がある三輪の地で始まったとされていて、参道には老舗の今西酒造本店があり、酒造り発祥の地のお酒はお土産に最適です。

また、三輪といえば三輪そうめんです。大神神社付近では、本場の三輪そうめんが味わえるお店がいくつかあるので、ランチは決まりです。

また、大神神社からくすり道という有り難い参道を通って徒歩5分のところには大神神社の摂社である狭井神社(さいじんじゃ)があり、そちらには薬井戸という太古から湧き出る御神水が頂けるスポットがあります。

万病に効くと言われており、私も特に暑い時期によく飲ませてもらって、疲労回復の力をもらっています。

また、狭井神社の境内には、三輪エリア最強のパワースポットである三輪山へ登ることができる登拝口があり、撮影禁止、飲食禁止、火気の使用禁止などを守れば、三輪山へ登れます。

登拝される方は、狭井神社の社務所で受付をしてくださいね。

まとめ

大神神社、一の鳥居、二の鳥居、拝殿と向かうごとに神聖な空気が充満していくのを感じられる稀有なスポットで、スピリチュアルな世界が好きな方にとっては特に興味深い場所だと思います。

個人的な評価は5です。

聖徳太子が名付けた信貴山は金運パワースポット!朝護孫子寺
奈良県生駒郡平群町にある信貴山、名前の由来は聖徳太子です。その信貴山にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は強力な金運パワースポットなんです。お寺には金の虎、銀の虎など、数々の虎のモニュメントが置かれています。
神々が集結、パワースポット出雲大社で令和の始まりを祝う
縁結びで知られる島根県にある出雲大社(いずもおおやしろ)、大國主大神がサメに皮を剥がれたウサギを助けた神話でも有名な神社。神々が集結するにふさわしい神殿が神秘的です。
タイトルとURLをコピーしました