食い倒れの大阪!黒門市場で食べ歩きデートをしてみたよ!

この記事は約3分で読めます。

大阪でいっぱい食べて遊ぼう!

大阪で食べ歩きをするとなったらどこを想像しますか?

梅田や難波などをなんとなく想像する方も多いと思います。しかしいまいち何処がいいのかなどわからない方も多いと思います。


そこで私が紹介したい食べ歩きができる観光スポットは、黒門市場です!

黒門市場はどんな市場 黒門市場と聞いてもどこにあるのかどんな市場なのかあまりイメージができない方もたくさんいると思います。

食べ歩きだと日本人や大阪の人たちは天満橋などの商店街を連想すると思いますが、私がおすすめしたいのは黒門市場で私も食べ歩きがしたかったので彼氏と行ってきました。


黒門市場は何といっても見どころは絶品の魚介類!難波にあり駅から徒歩15分くらいの場所にあります。

難波までは電車で行ったほうがいいと思います。難波なので駐車場はありますが料金が高いですし、空きが少ないので車はおすすめしません。

また、観光スポットですが、トイレはないのであらかじめ注意してください。

小さな市場なので市場の中で道に迷う事はなかったですが、市場まで行くのに道に迷いそうにはなりました。なので携帯の地図を見ながらのほうがいいと思います。

私は彼氏と行ったのですが、予定を合わせるために週末に行きました。

なので週末は外国人の観光客ばかりでかなり混雑していて食べる際に席がなかったりしたので、どうやって食べようか困ることはありました。

美味しいものだらけの市場

黒門市場に行ってよかったポイントはたくさんあり、まずなにより観光目的だった食べ歩きです。

行って私は主食系からデザートまで様々なものを食べました。そして黒門市場では有名なマグロの様々な部位が乗っているどんぶりも食べれてとてもおいしかったので幸せな気分になりました。

魚介類が多くありましたが、きちんとお肉などもあってそしてなによりフルーツもたくさん売られていました。

そのフルーツ屋さんのひとつのお店で見つけたのがイチゴ大福!イチゴが大振りでめちゃくちゃおいしい!

しかもあんこだけではなくチョコレートもあったのであんこが苦手な方も食べれるのがいいところだと思います。

次によかったポイントは、 お店のスタッフの方々の優しさ!


食べ物を買ったのはいいものの、たくさん歩いて疲れていた私たちはどうしようと悩んでいたらお店の方が机を掃除して、ここで食べていいよと言ってくれゆっくりと食べることができました。

なので安心して観光も食べ歩きもできてよかったです。しかしすべての店ではありません。

そして次にいいポイントは何といっても立地です。

ずっと一日中食べているのはしんどく、お腹がいっぱいになったら次はどうしようと考えていると、黒門市場は難波と日本橋の間にあるので遊んだり買い物をしたりと、たくさんの遊び方ができてとても便利でした。

もうひとつの黒門市場の楽しみ方

黒門市場は観光地ですが他の市場と違うのが、外国人観光客の多さです。

なので外国人と触れ合いたい人にもおすすめです。また外国人の友人や家族恋人などと行くのも楽しいと思います。

そしてカップルにもおすすめでシェアしながら食べれるので、仲も深まると思います。そして気になるのは値段ですよね。

観光地なので少し高いです。なので一人2000円は越すと思います。

グルメだけなので1時間や2時間あれば十分で、一番おすすめの時間帯は朝だと思います。

まとめ

大阪に観光へ行った際に少し時間が余ってどうしようなどちょっとした時間で観光ができおいしいものを食べれる、魅力のある黒門市場へぜひぜひ行ってみてください。

おいしい食べ物の宝庫の市場なのでいて損はありません。また、一市場ですが商店街のような雰囲気があるので気軽に足を運べると思います。個人的に5段階評価で評価すると4です。黒門市場への観光を楽しんで下さいね。

 

ゴールデンウィークに家族サービス、USJへGO!
GWはどこへ行くの?と例年交わす家族との会話。道路の渋滞や人混みをを避けたい気持ちが先行し、なかなか重い腰を上げれないお父さんも多いことでしょう。でも探せば渋滞や混雑を回避できる方法もありますよ。
タイトルとURLをコピーしました