日本三大八幡宮のひとつ、筥崎八幡宮を訪れる

この記事は約4分で読めます。

筥崎八幡宮(はこざきはちまんぐう)の歴史散歩


福岡市の東部、箱崎の町にある筑前国一宮の筥崎八幡宮は、大分県宇佐市の宇佐神宮と、京都府八幡市の石清水八幡宮が、日本三大八幡宮と呼ばれています。

奈良時代において宇佐神宮の鎮護国家と仏教守護の神とし、八幡大菩薩の神号が授与されて、ここから全国の寺院の守護神として八幡神が日本全国に広まってゆきました。

そんな筥崎八幡宮へご案内します。

いにしえの歴史が漂う蒙古襲来の元寇(げんこう)とゆかりの筥崎八幡宮

〈画像:筥崎宮楼門と額〉

 鎌倉時代に九州博多の浜(玄界灘)にモンゴル帝国(蒙古)が大艦隊をもって侵攻してきた蒙古襲来(元寇)がありました。

文永の役と2回目の弘安の役は有名です。

筥崎八幡宮の神門には亀山上皇が外敵退散を祈願して、醍醐天皇が書かれた筥崎宮第一の神宝である御宸筆(ごしんぴつ)の「敵国降伏」を写して額として楼門(国指定)重要文化財)に掲げられています。

その時、俗に云われる神風(台風)が吹いて玄界灘の蒙古の軍船は海の藻屑(もくず)となり国難に打ち勝つことが出来、そこから厄除け、勝運の神として知られています。

この八幡宮とは、八幡神である八幡大神の「応神天皇」と、応神天皇の母君の「神功皇后」、海の神で神武天皇の母君「玉依姫命(たまよりひめ)」の3神を御祭神として祀った神社のことです。

その筥崎八幡宮の白砂と上空には、多くの鳩が3神を守るかのように群れ戯れています。


境内には元寇関連の史跡があり、当時の蒙古軍船の細長い石の錨(イカリ)である碇石が、博多港中央波止場付近の海底より引き揚げられています。

それが境内に置かれ、蒙古襲来に備えて築かれた石の元寇防塁が置かれる、元寇とゆかりのある筥崎八幡宮です。

筥崎八幡宮の「祭」で博多っ子は熱く燃える

〈画像:筥崎宮玉せせり〉
出典:https://www.asahi.com/articles/ASM1331FHM13TIPE001.html

 福岡は、城下町の「福岡」と商人の町である「博多」があり、開放的で派手好きな博多っ子(博多の人間)は祭好きです。

博多の総鎮守「櫛田神社」に山車を奉納する夏の「博多祇園山笠」は有名ですよね。

しゃもじを打ち鳴らして福岡市内を練り歩く(パレードする)春の「博多どんたく」港まつりなど、博多には人々を魅了する人気の祭があります。

筥崎八幡宮にも通称「玉せせり」と呼ばれる、玉取祭という陰陽2つの木の玉をめぐり、裸で締め込み姿の競り子達が陽の玉を奪い合う争奪戦を繰り広げる正月の祭があります。

また千年以上続く秋の風物詩で、すべての生き物を慈くしみ殺生を戒め秋の収穫に感謝して御神幸(行列)の神事が行われる「放生会」があります。


この放生会の開催中に、「厄をはじく」ということで、いにしえから粘土で型とりされた素焼きの、筥崎おはじきが数量限定で「筥崎宮ゆかりのおはじき」や「九州旅めぐり」などテーマを変えて毎年販売されています。

筥崎宮で勝運を祈願する、ホークスの必勝祈願祭


〈画像:ホークス絵馬〉

 筥崎八幡宮には毎年、正月に福岡のプロ野球球団の「福岡ソフトバンク・ホークス」の監督をはじめ、首脳陣、球団フロント、選手のナインが参拝しています。

リーグの優勝と日本一を祈願する必勝祈願祭が、本殿にて執りお行なわれ、人気選手たちが参道を進みます。

またソフトバンク・ホークス必勝祈願祭当日に、同筥崎八幡宮にて「ホークス・オープン戦のセット券」が特別販売(50名限定)されています。

特典として同年新人入団選手との記念撮影と握手会が開催され、さらに主要選手の直筆サイン色紙がプレゼントされます。

筥崎八幡宮 

・所在地:〒812-0053福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
・交通アクセス:(鉄道)JR鹿児島本線箱崎駅を下車して徒歩約8分
福岡市営地下鉄箱崎線箱崎宮前駅を下車して1番出口から徒歩約1分

(車)福岡都市高速道路箱崎出入口から国道3号線を経由して約5分

・駐車場:あり
(外苑駐車場230台/有料(200円+100円)宮前駐車場100台/有料)

・期間:通年(定休なし)  ・時間:6時~19時
・休み:なし  ・料金:境内は無料
・連絡先:電話092-6417431(社務所)

おすすめの食事処

さんぞくや 東福岡店(海鮮料理)
営業時間:全日11:00~21:30 料金:~\2,000
・筥崎八幡宮から1km(徒歩約15分)Tel:092-624-2112
・テーブルが大きくメニューが豊富で美味しく家族連れにオススメです。

タイトルとURLをコピーしました